美白化粧品の効果が感じられない2つの理由【化粧水・美容液】

美白化粧品の効果が感じられない2つの理由

間違うと美白化粧品を使う意味がないです

美白化粧品を使っても、美白効果を感じなかったという方は意外と多いようです。美白効果を感じられなときは、間違った美白化粧品を選んでいる可能性が高いです。適切なものを選ぶには2つのポイントがあります。このポイントを押さえていないことが効果を感じられない理由です。

そのポイントとは、
目的に合ったものを選ぶ
肌質に合ったものを選ぶ
この2つです。
なぜこの2つのポイントが大切なのか、簡単に説明します。

美白化粧品の効果的な選び方

目的に合ったものを選ぶ

目的とは、シミを消したいのか、シミを予防したいのかということです。すでにご存じの方も多いと思いますが、美白化粧品にはシミを消すもの、シミを予防するもの、肌の透明感をアップしあかるくするものの3種類あります。
例えば、シミを消したいのに予防目的の化粧品を使っても効果を感じにくいのです。これを間違うことが美白効果を感じられない原因の1つです。

肌質に合ったものを選ぶ

肌質に合わない美白化粧品を使うと、逆にシミの原因となります。具体的に言うと敏感肌や乾燥肌の方は、刺激の強い美白成分を使うと肌が炎症を起こしメラニンが生成されます。美白化粧品を使っていても、同時にメラニンが生成されるので美白の効果が現れにくいのです。
刺激の強い美白成分の代表的なものにハイドロキノンがあります。肌の漂白剤と言われるくらい刺激が強い成分です。普通肌の方がハイドロキノンを使っても問題無いですが、敏感肌や乾燥肌の方には刺激が強すぎます。
肌の弱い方は、刺激の弱い美白成分を配合したものを使うと良いです。ハイドロキノンほどの即効性はないかもしれませんが、炎症を起こしてメラニンが生成されるよりは良いでしょう。

美白化粧品の効果・肌質を比較

比較 ビーグレン アンプルール サエル HANAオーガニック

ビーグレン

アンプルール

ディセンシア サエル

HANAオーガニック ムーンナイトミルク
シミ消す 最強の美白成分ハイドロキノンを、世界特許の浸透テクノロジーで浸透させる。 新安定型ハイドロキノンを配合。 エスクレシドを配合。黒いメラニンを白いチロシンへと戻す。 ターンオーバーを促進し、肌の生まれ変わりをサポート。
シミ予防 シムホワイト配合 特許技術のヴァイタサイクルヴェールが肌のバリア機能を強化。紫外線や外部刺激を徹底ブロックしシミ予防。
普通肌向き
(刺激がある)
敏感肌・乾燥肌向き
(刺激がない)
ハイドロキノンは刺激が強いので、敏感肌・乾燥肌には不適。 刺激を少なくしたハイドロキノン配合だが、敏感肌には向かない。 ヴァイタサイクルヴェールが肌のバリア機能を強化するので敏感肌・乾燥肌に最適。 安全なオーガニックコスメだから敏感肌・乾燥肌にもOK。
公式サイト

美白化粧品のあれこれ

美白化粧品には色々な種類があります。紫外線を防ぐ目的で使うUVケア、シミが出来ないように予防するコスメ、メラニンを排出するようにターンオーバーを促すものなど幾つものタイプがあります。美白のためにはそれぞれの化粧品の特徴を知って使うことが大切です。

美白成分の中には刺激の強いものもあります。もし肌が弱いというのであれば、そのような刺激の強いものは気をつけたほうが良いでしょう。使う前にパッチテストをして確認するのが良いでしょう。

美白コスメには化粧水や美容液、クリームなどいくつかの種類があります。ラインで使うものが多いようですが、美容液やクリームだけ使うという人もいます。美容液を使いたいというのなら、美白美容液おすすめはコレです。

エコカー